横浜で2番目に当たる? 占い師 竹下宏の九星気学

サイトマップ
メニュー
★トップページ
初めての方はここから
・初めての方へ
・竹下流のテーマ
・プロフィール
・「気学」とは?
・鑑定可能な内容
・竹下流気学理論
方位取りとは
・方位取りとは?
・方位転居とは?
・方角の割出方法
・今年の大凶方位
今年・今月の運勢
・運勢の上手な活用法
・今年の運勢
  |一白二黒三碧
  |四緑五黄六白
  |七赤八白九紫

・今月の運勢
  |一白二黒三碧
  |四緑五黄六白
  |七赤八白九紫

☆メールマガジン購読
九星気学鑑定について
・鑑定依頼について
・鑑定スケジュール
・アクセス
・プライバシーポリシー
☆カード決済ページへ

■商品一覧
・吉方位表
・本相性表
・毎月の運勢/毎日の運勢
  データ版

・水晶
・方位取り地図
・自分カタログ
・偏屈岩塩
・方位定規
☆カード決済ページへ
☆お振込口座はこちら
さらにステップアップ♪
・開運方位取りツアー
・占い教室
ブログのご案内
・竹下宏ブログ
・番頭の部屋
・はちこブログ
・ガマタブログ
・ニブ子ブログ
・おじさんの部屋
・イノコのブログ
九星気学 竹下用語辞典
竹下宏の開運用水晶
竹下宏の開運用水晶
竹下宏の開運印鑑
占い師がお勧めする印鑑
占い師の結婚相談所
占い師の結婚相談所

方位の割り出し方法 8方位のエリアの境界線「方位線」を引いてみましょう!

方位取りを行うにあたり、
先ずは自宅から見てどこが何の方角にあたるかを理解しなければなりません。


気学で必要な方位は、8種類になります。
東・西・南・北・東北・西北・東南・西南
この8種類の方位のエリアの境界線を「方角線」と言います。
では、実際に方角線を引いてみましょう!
九星気学 方位の割り出し方法
正確な地図(→「地図の選択方法」参照)を買ってきて、
定規と分度器を使って、自宅(上図の●)を中心に
上記方角線のひき方に従って方角線を引いてみましょう。
1/50万前後の地方図は、上が北になっている場合が多いです。
その場合は地図の上下に合わせて線を引いてください。
全国図に線を引く場合は、先ず、地図上に引いてある南北の線に平行に合わせて
方角線の南北の線(上図の↑)を書いてみましょう。
あとはそれを基準に、角度を測定して、他の線を引いていきます。
※注意点
通常の全国図は「ランベルト正確円錐図法」でかかれていることが多く
この場合、南北の線は直線なのですが、東西の線が湾曲しています。
最初の基準を東西の線にすると、方位がずれる場合が多いので、
最初の基準は必ず南北の線で行って下さい
方位線を引く場合の注意点:誤差エリアについて >> 詳しくはこちら
自分で線ひくの面倒くさいな…という方のために、
方位線を引いた状態の地図を当方で販売しています。 >> 詳しくはこちら
誤差について
Copyright (C) 2014 Takeshita Office Co., Ltd. All Rights Reserved.